miffue2

2010年5月14日 / F U Y U M O I, ukagaka

実は続くのである。その1はこれ。適当に書いたんで誰の視点に合わせればいいのか分からん。あと、えろくなっていきます。もういや。あと、一応二次創作ですよ。

「わふー!」

「ぎゃああ」

やっぱりというか案の定というか、半ばフィカに押し倒される形で簡易ベッドに倒れこむ二人。易い作りのベッドはギシと音をたてた。

「んふー。深冬やわらかい」

フィカのさらさらとした銀髪が、深冬の金色の髪と混ざる。

「フィーカーちゃーん! いい加減にしないと私だって怒り…んっ、んぅ!?」

彼女が非難がましく口を開いたその時だった。フィカの唇が彼女の同じ場所をふさいだのは。

「んっ・・・んぁ・・・ふ・・・ちゅ、んん・・・っ」

深冬が目を白黒させながら必死に逃れようともがく。だが、そんな健闘は空しく、フィカは一層彼女を押さえ込んだ。ひんやりとした両手は深冬の頬に。ほっそりとした足を深冬のスカートの間に割り込ませて。

「ちゅっ・・・ん、ふ。はむ・・・ちゅ」

フィカのあたたかな舌が深冬の中に侵入してくる。それを排除しようと動く深冬の舌も、とろとろと舌を絡ませ合う事にしかならない。いつしか水音は、どちらの口から漏れているのか分からなくなった。深冬は、ずれた眼鏡からの視界で、目の前のフィカをみる。上気した頬。伏せられた瞳の、銀色のまつ毛が揺れている。

その表情がひどく真剣で、どきりとした。

深冬はなんとか片腕を伸ばし、彼女の背中にそっと触れる。フィカの体がピクリと震えた。その隙に唇を離す。銀色の糸がつうと光って消えていくのを二人は目にし、なんとなく気まずげにお互い瞳をそらした。

再び目線を合わせたのは深冬の方だった。

「フィーちゃん、何かあったの?」

 

(続かざるを得ない)

はてなブックマーク - miffue2
[`evernote` not found]

拍手する

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

information

SSP(伺か)用のデスクトップマスコットを公開しています。 twitter更新お知らせアカウント

導入も簡単なので使った事のない人はぜひどうぞ。
導入ガイド→ゴーストの使い方 -SSPさん


うちのサイトではお笑い・漫才トークを楽しめるゴースト(キャラクター)をメインに公開しています。
ときどき、不健全な要素や性的な要素が含まれています

RSS Ghost Update Feed

TOPへ戻る