miffue3

2010年5月17日 / F U Y U M O I, ukagaka

「フィーちゃん、何かあったの?」フィカが少し深冬から距離を取った。視線を泳がせながら笑う。

「え、何かって?」

「だって、今日のフィーちゃん、何だか様子が変よ? しかも、こんな事・・・」

こんな事と口にするなり、自分の顔を覆いふるふると震える深冬。

「私・・・されてしまった・・・しかも初めてを女の子に・・・」

壁の方を向いて丸まって身もだえている。

「このまま二人でめくりめく世界へ落ちていこうよ…?」

「またすぐそういうこと言う!」

「わたし生理前でたまってるのかな?」

「知りません。……そうじゃなくてね?」

まだ照れくさそうにしている深冬が身を起してフィカを見つめた。

「今日のフィーちゃん、元気がないように見えるよ」

「え……」

「だから何かあったのか聞いてるの」

「うう……」

フィカが困ったように口をへの字に曲げた。

「……なんでも、ないもん。深冬のおっぱい揉みたかっただけだもん。ただむらむらして、したくなっちゃっただけだもん。…深冬は私におとなしく抱かれていればいいんだもん」

うつ向いていじけたように耳を垂れるフィカ。ご自慢のツーテールも今日は元気がない。そんなフィカは、急に自分を包むふわりとしたものを感じた。

「あなたはさびしがりやさんだものね」

深冬がフィカを、ぎゅっと抱きしめていた。

「わふっ!? みふゅ……」

ぎゅうと、深冬の胸に抱きつくフィカ。あったかかった。そこはどこよりも。

「どきどき言ってるよ?」

「フィーちゃんの音だよ?」

「ちがうよ。んんっ」

深冬の腰に手を回し、一層抱きつくフィカ。

「甘えん坊さんだね」

「うるさいやい」

「で、なにがあったのかな?」

そう言いながら優しくフィカの髪を梳く深冬。フィカはされるがままにしている。

「だから、なんでもないんだってば」

「そう? じゃあ、そうなのかもね。 …………ねえ、こうしてみると、フィーちゃんが妹になったみたい」

「!!」

その言葉にフィカはバッと顔を上げた。

(つづく)

はてなブックマーク - miffue3
[`evernote` not found]

拍手する

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

information

SSP(伺か)用のデスクトップマスコットを公開しています。 twitter更新お知らせアカウント

導入も簡単なので使った事のない人はぜひどうぞ。
導入ガイド→ゴーストの使い方 -SSPさん


うちのサイトではお笑い・漫才トークを楽しめるゴースト(キャラクター)をメインに公開しています。
ときどき、不健全な要素や性的な要素が含まれています

RSS Ghost Update Feed

TOPへ戻る