miffue4

2010年7月5日 / F U Y U M O I, ukagaka

多分次で終わる。今までの。

「わたしは、違うよ?」
急に顔を上げたフィカにぽかんとしている深冬に、うわずる声で言う。
「わ、わたしは、あの子じゃないよ。妹じゃないよ。フィカなの」
真剣な瞳。

どれだけ時間が流れただろうか。
ふと。深冬が笑った。

「フィーちゃん、そんなことを気にしていたの」
「だって…だって…深冬が私をここに置いておく理由だって……んぁっ」

声を震わすフィカに深冬はきゅっと抱きついた。
「フィカちゃんは、フィカちゃんだから、必要なんだよ」
「も、もう! 離して!」
「くす。さっきと言ってる事が逆だよ?」

深冬がいとおしそうにフィカの銀色の髪を撫でる。フィカは反抗しようとじたばたするが、次第にそれをやめ、深冬に身を預けた。その胸の中でもぞもぞと呟く。

「それに……わたし、妹なんて、いやだもん」
「……え?」
「深冬、わたしを見て……?」
「ん……」

至近距離で二人は見つめ合う。何故か顔を赤くしているのはフィカの方だ。そしてそんなフィカに追い打ちがかかる。

(ちゅ)

「ぇ…? ……ん、ん、……っ」
「ちゃんと見てますよ。フィカちゃんの事。いつも元気なところも、頑張りやさんなところも、本当はさびしんぼっていうことも」
「ぅぅ」
「それに……とってもかわいい女の子だって、思ってますよ」

そういうと、深冬はフィカの耳をそっとつまんだ。
「ひぁっ」
フィカの口から甘い声が漏れた。

「ほら。こうすると、」
そう言うと深冬はフィカの頬を包み、顔を近づけると髪にキスを落としていった。
「ゃっ」
フィカはふるふると身を震わす。
「ぞくぞくしてる」
「ちが…ぁ、…っ!」
「ほら? ちがわない」

深冬がその細い指をフィカの顔に髪に優しく這わせるだけで、フィカは可愛らしい声をあげる。

「フィーちゃんはとてもかわいい女の子」
「やあ…っ」

深冬に囁かれるだけで体をフルフルと震わせるフィカ。

「フィーちゃんはとてもかわいい女の子」
「もぉしつこいって」
「おかえしです」
「うー」

ぐったりとしてきたフィカに深冬は優しく声をかける。が、その声は、どこか逆らうことのできないような、不思議な響きを持っていた。このまま、自分のすべてをゆだねて溶けていけるような。

「……で、最近元気がなかったのはなんでなのかな?」
「そ、それは……自分でもなんとなくしか分かんないし……」
「そっか。じゃ、思い出すまで、今日はこうしていようか?」

深冬のにこにこ笑顔にフィカはガバッと後ずさる。

「お、思い出しますからー!」

(つづく)

はてなブックマーク - miffue4
[`evernote` not found]

拍手する

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

information

SSP(伺か)用のデスクトップマスコットを公開しています。 twitter更新お知らせアカウント

導入も簡単なので使った事のない人はぜひどうぞ。
導入ガイド→ゴーストの使い方 -SSPさん


うちのサイトではお笑い・漫才トークを楽しめるゴースト(キャラクター)をメインに公開しています。
ときどき、不健全な要素や性的な要素が含まれています

RSS Ghost Update Feed

TOPへ戻る